トップ > 登山・トレッキングプラン > ヒマラヤの峠、トロンパスを越えて アンナプルナサーキットトレッキング8泊9日 

登山・トレッキング Trekking

  • ネパール観光プラン
  • カトマンズ観光プラン
  • チトワン観光プラン
  • ポカラ観光プラン
  • 周遊プラン
  • 登山・トレッキングプラン
  • エベレスト街道
  • アンナプルナ・ダウラギリ方面
  • ランタン谷方面
  • 各種手配・予約
  • ネパール国内線手配
  • エベレスト遊覧飛行
  • ホテル一覧
  • カトマンズのホテル
  • ポカラのホテル
  • ガイド・車両手配
  • 西遊旅行
  • 西遊ネパール スタッフブログ

料金1名参加:お問合せください 2名参加:お問合せください

ヒマラヤの峠、トロンパスを越えて
アンナプルナサーキットトレッキング8泊9日

標高5,416mのトロンパス越えてヒマラヤを展望するアンナプルナサーキットトレッキング。
9日間の日程でアンナプルナ山群にある山々を一周します。

  • 憧れのトロンパス
  • トレッキング開始の一部は森林を通ります
  • チャメピサンヘ行く道から楽しめるアンナプルナ山群の景色
  • マナンビレッジ

  • メール又はお電話にて承っております。原則、日本語スタッフが常駐しておりますので、お電話も日本語でお問い合わせいただけます。
    お申し込みからご出発までの流れ
  • メールでのお問い合わせ

日程 Schedule

  訪問地 日程
1

カトマンズ

ベシサハール

チャムチェ

カトマンズ市内のご指定の場所までお迎えに参ります。その後、専用車にてベシサハールヘ移動。ベシサハールにて専用車を乗り換え、チャムチェ(1,430m)まで移動します。

宿泊地:ロッジ泊(チャムチェ) |食事回数:朝× 昼○ 夜○
2

チャムチェ

ダラパニ

●トレッキング(約5時間) チャンチェから坂道をトレッキングし、途中のタルビレッジまで進みます。タルビレッジは大きな滝の横に設立しているビレッジであり、このビレッジを超えたら、ヒマラヤを超えた場所と言われるマナン地区に入ります。

タルビレッジから進むと、谷間を進み、その後石段を上がりダラパニ(1,860m)に着きます。

宿泊地:ロッジ泊(ダラパニ) |食事回数:朝○ 昼 ○ 夜○
3

ダラパニ

チャーメ

●トレッキング(約6時間) ダラパニからテェンジャまで岩道を続きます。その後は松ともみの木の樹林帯の中を通りチャーメに着きます。途中でマナスル、アンナプルナⅡ峰、ラムジュン・ヒマールが顔を見せます。

宿泊地:ロッジ泊(チャーメ) |食事回数:朝○ 昼 ○ 夜○
4

チャーメ

ピサン

●トレッキング(約6時間) マルシャンディからの橋を渡り、森林帯の道に入ります。森林帯を通るとピサンビレッジがあるマナン谷が広がります。ピサンビレッジ(3,200m)に近づくとアンナプルナII(7937m) を含むヒマラヤの絶景を楽しめます。

宿泊地:ロッジ泊(ピサン) |食事回数:朝○ 昼 ○ 夜○
5

ピサン

マナン

●トレッキング(約5時間) ピサンピーク(6091m)を背にして急な上り坂を通りマナン(3,519m)ヘ進みます。途中に、世界最高の標高にある湖ティリチョ・レイク(4,919m)やティリチョ・ピーク(7134m)の景色を楽しめます。 フムディ付近からアンナプルナ山群が顔を出します。ガンガプルナと氷河が間近に迫るマナン(3,440m)へ。

宿泊地:ロッジ泊(マナン) |食事回数:朝○ 昼 ○ 夜○
6

マナン

ヤク・カルカ

●トレッキング(約3時間) マナンから高度を上げながらヤク・カルカ,(4,035m)へ進みます。

マルシャンディ谷と通り、チュルウェイストの景色を眺めながらトレッキングします。

宿泊地:ロッジ泊(ヤク・カルカ) |食事回数:朝○ 昼○ 夜○
7

ヤク・カルカ
トロン・フェディ

●トレッキング(約3時間) ジョルサレ川沿いの道を進みトロン・フェディ(4,450m)ヘ。

天候や体調によっては、もう少し先のハイ・キャンプ(約4,800m)まで進む場合があります。

ロッジ泊(トロン・フェディ)食事回数:朝○ 昼○ 夜○
8

トロン・フェディ
トロンパス

ムクチナート

ジョムソン

●トレッキング(約10時間) 最大のハイライト、トロンパス越えに挑みます。パスの北,に聳えるヤク・ワカンとそこに連なる雪山が立ちはだかり、その山腹道をゆっくり登ります。約4時間登るとトロンパス(5,416m)に到着。

彼方には天高く聳えるダウラギリⅠ峰をはじめ、雪山の大展望が広がります。

その後、荒涼とした景観の中を下り、ムクティナート(3,760m)へ。

 

着後、四輪駆動車にてジョムソン(2,710m)へ。着後、降車地から徒歩でロッジへ。

ロッジ泊(ジョムソン)食事回数:朝○ 昼○ 夜○
9

ジョムソン

ポカラ

国内線にてジョムソンからポカラヘ移動します。

ポカラ市内のご指定の場所までお送りいたします。

食事回数:朝○ 昼 × 夜×

料金 Price

2019/02/01~

●1名参加 :お問合せください

●2名参加 :お問合せください
(ツインルーム利用) ※一人部屋使用料:000USドル

[料金に含まれるもの]
専用車(ポカラ~カンデはセダンタイプ、シッディング~ポカラはジープ)/日本語トレッキングガイド/トレッキング中のポーター/TIMS許可証/日程記載の宿泊費用・サービス料/食事(朝6回 昼6回 夜6回)/ジョムソン~ポカラ間の国内線/日程表記載の各観光地における入場料/

/ロッジにて沸かしたお湯(ご飲料用、水筒などにお入れいたします)/その他諸税
[料金に含まれないもの]
ガイド、ポーターへのチップ/個人的費用(飲み物や通信費等)

※上記の料金は、お一人様あたりの料金です。
※3名様以上の場合は、別途お見積もりいたしますのでお問い合わせください。
※カトマンズ・ポカラ間の航空券やポカラでのホテルも手配可能です。お気軽にお申し付けください。

ツアーのポイント tour point

●世界トップクラスのトレッキングルートアンナプルナサーキット

アンナプルナサーキットトレッキングは、アンナプルナ山群を一周する一つだけのコース、5,416mのトロンパスを超えるコースです。トレッキングの一部、チャメからピサンヘ続く道は世界でも深い盆地の一つカリガンダキ谷を通ります。この道を通っていると東にアンナプルナ、西にダウラギリ山があり、とても迫力のありヒマラヤの景色をお楽しみいただけます。

トレッキングの初日はなだらか道、マツの森林を歩きます。マナン、ジョムソム、ムクティナートから通常は見られない山・川・畑の風景が広がります。

また、現地のシェルパ・タカリ・タマン民族の文化・生活を見学も楽しめます。

春になると、ピサンビレッジにあるそば畑の彩りはとてもきれい、冬になるその畑に積もる雪が絵のような風景を作ります。

全日程を通じて様々な角度からアンナプルナ・ダウラギリやその付近の山々の景色をご欄いただけます。

トレッキングを続けるに連れ、標高が上がりますが、トロンパスが通るまで十分に高度順応ができるように日程を設定していますので、安心しながらトレッキングを楽しめます。

  • マナンから続ける道を拝啓にヒマラヤの絶景

  • 日本にはいないヤク

  • ダウラギリ氷河とダウラギリ山

  • ピサンの手前の道(冬)

コース難易度 Difficulty

体力 A B C D トレッキング日数は、8日間。アップダウンの多い行程で、トロンパス越えは12~13時間に及ぶ高所トレッキングです。全行程を歩くことができる体力が必要です。
高度 A B C D 最高宿泊高度は4,450m、最高到達地点は5,416mですので高山病の影響が予想されます。

オプショナル optional

●ホテル手配

ゲストハウスからブティック・ホテルまで、その日のベストレートにてご案内いたします。
ホテル情報ページはこちら